抗糖化をアンチエイジングの新習慣に!

抗糖化でいきいきエイジレスライフを謳歌しよう

抗糖化はアンチエイジングの合言葉

「抗糖化」はいま、美容界で最も注目されているキーワードのひとつ。
以下のように考えている、感度の高いあなたは要チェックです。

  • いつまでも若々しい素肌をキープした自分でありたい
  • ハリツヤのある髪の毛を保ち続けたい
  • 成人病を患わないよう、しっかり健康管理したい
  • 将来のために、アルツハイマーや白内障など予防策を取りたい
  • 手遅れにならないよう、若いうちからアンチエイジングしておきたい

このサイトでは、糖化の原因を調べたり、対策に有効な方法、サプリメントなどを紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

抗糖化をサポートするサプリの情報はこちら

若さと健康の大敵、糖化とは

糖化は老化現象を引き起こす、アンチエイジングの大敵。その原因は、毎日の食事で摂取する、必要以上の糖分にあります。

甘いものイメージ余計な糖分は体内にある古いたんぱく質と結合し、老化を促進する悪玉成分、AGEsへと変化します。この老化物質は、厄介なことに分解/排出されにくく、体内のあちこちで蓄積されていくのです。これが糖化のメカニズムであり、別名「メイラード反応」とも呼ばれます。

以下に身体のさまざまな場所に現れる、糖化の悪影響を見てみましょう。

コラーゲン繊維の弾力が低下。しわやたるみ、くすみの原因に
毛根のたんぱく質に影響し、ツヤやコシが失われる
血液 AGEsが蓄積されることで高血糖の状態が続き、糖尿病の一因に
血管 AGEsが血管の壁に蓄積され、動脈硬化の一因になる
脳内のたんぱく質の割合にAGEsが増えると、アルツハイマーの一因になる
水晶体内のたんぱく質が変質し、白内障の一因になる
骨のコラーゲンたんぱくが糖化すると、骨質が劣化し、骨粗鬆症などの原因に

上記のように、糖化は肌だけでなく、全身の健康にも悪影響をもたらします。中でも怖いのが、深刻な合併症を引き起こす糖尿病。近年は若年層の患者も増えており、その一因として糖分過多の食生活が挙げられているようです。

抗糖化対策は性別年齢を問わず、現代人にとって必須の生活習慣といえるかもしれません。

あなたの糖化度をチェック!

先述のように、一度生成されたAGEsは、体内に蓄積されます。AGEsがゼロ、という人はいないので、いかに糖化を予防するかがポイント。まずは自分の食生活や、生活習慣を見直しましょう。

<あなたの糖化度CHECK LIST>

清涼飲料水イメージ
甘いものが好きで、間食が習慣になっている
麺類、丼ものなど、炭水化物たっぷりのメニューが好き
食事のスピードが早い
運動の習慣がない
炭酸水など、清涼飲料水をよく飲む
野菜が嫌い
湯船に浸からず、シャワーで済ませることが多い

いかがでしたか?チェックの数が多い人ほど、体内の糖化が進んでいる可能性がありますので、注意が必要です。

いつまでも若々しく、健康的な毎日を送るため、ぜひ抗糖化を新しい生活習慣に!
このサイトでは糖化の基礎知識や、対策方法をまとめていますので、ぜひ皆さんの抗糖化に役立てていただければ、と思います。

抗糖化を助けるサプリを紹介しています