抗糖化でいきいきエイジレスライフを謳歌しよう

HOME » 要注意!糖化が招く症状・病気 » 肌や髪の老化現象

肌や髪の老化現象

このページでは、身体の糖化が招く、肌や髪の老化について調べています。

糖化による肌老化の実態

糖化(メイラード反応)により生じる悪玉物質・AGEsは、美肌の元となるコラーゲンに大ダメージを与えます。以下のような症状が現れるのです。

  • ハリがなくなる
  • 黄色っぽくくすむ
  • ごわつく
  • シワ・しみができる
  • 透明感がなくなる
  • 乾燥する

コラーゲンに一度沈着したAGEsは、なかなか排出されません。過剰な糖分の摂取によりAGEsが蓄積されていくと、やがてコラーゲン繊維が変形、硬化していきます。

そのため、皮膚のハリが失われ、シワやくすみ、ごわつきなどの老化現象が、一気に表面化するのです。そうなると肌のターンオーバー周期も乱れるので、代謝機能が落ちて、透明感まで失われてしまいます。また、たんぱく質は糖化すると黄色く変色するため、肌の色に独特のくすみが出てきます。まさに悪循環ですね。

このように糖化は、若々しい肌の大敵。抗糖化をサポートするサプリを摂取する、生活習慣を改善するなどの対策が必要です。

髪のツヤ、コシが失われる

髪の毛も糖化によって、ハリやコシが失われます。以下のような症状が現れるのです。

  • ハリがなくなる
  • パサつく
  • コシがなくなる
  • ツヤが失われる
  • 切れ毛、抜け毛が増える

髪の毛は、毛根部分の毛細血管から栄養を吸収し、形成されます。この時生成されるケラチン繊維が、糖化により変形してしまうと、コシのないパサパサとした髪になってしまいます。

パサついた髪は絡みやすく、切れ毛や抜け毛の原因にもなります。また、たんぱく質が少ない髪は透明度が少なくなり、ツヤも失われてしまいます。糖化はキューティクルの大敵なのです。

いくらスキンケアやヘアケアをがんばっても、糖化が進行していくと効果も半減。美は体の中からと言いますが、糖化対策は本当に重要ですね。