抗糖化でいきいきエイジレスライフを謳歌しよう

動脈硬化

このページでは、身体の糖化が引き起こす深刻な病気、動脈硬化について調べています。

動脈硬化の原因に糖化が

何らかの理由によって動脈の弾力性が失われて硬くなる、また動脈内にさまざまな物質が沈着して血流が悪くなった状態を、動脈硬化といいます。加齢やコレストロールも原因の一つですが、糖化も動脈硬化を促進させることが分かっています。

動脈硬化は全身の動脈で起こります。特に起こりやすい場所と病状をまとめました。

  • 脳卒中…脳の動脈硬化によって起こる病気を脳卒中と呼びます。脳卒中のうち、血流が全て閉ざされた状態を脳梗塞と呼びます。また、動脈が破れて出血した状態を脳出血と呼びます。めまいや頭痛、記憶力の低下などが現れたら要注意です。
  • 大動脈瘤…胸やおなかの大動脈で動脈硬化が起こり、一部がふくれたものを大動脈瘤と呼びます。この“こぶ”をほっておくと大きくなって破裂し、大出血を起こす可能性があるので早めの対処が必要になります。
  • 狭心症、心筋梗塞…心臓につながる冠動脈で動脈硬化が発生すると心臓の血流が減り、狭心症になります。運動すると息苦しくなったり胸が痛んだりする方は狭心症の可能性があります。さらに進行して冠動脈が詰まった状態を心筋梗塞と呼びます。

その他にも、腎臓の動脈硬化による)腎硬化症、足のしびれや痛みといった症状が出る閉塞性動脈硬化症などがあります。

糖化により引き起こされる動脈硬化とは

では糖化が動脈硬化の一因となるケースを考えてみましょう。

糖化により生じる有害物質のAGEsは、血管の壁に付着し、血管を詰まりやすくさせます。また、血管内の細胞をも老化させていきます。さらに糖化が進行すると、血管が炎症を起こし始めます。こうなると、血管がさほど詰まっていなくとも、一気に動脈硬化へと進んでしまうのです。

このように糖化しやすい生活を続けていると、動脈硬化のリスクが高まります。特に糖尿病の持病がある方や、血糖値が高い方は、体内の糖化が進みやすい状態にあるため、動脈硬化併発の注意が必要。食生活を調整したり、抗糖化をサポートするサプリを服用すると良いかもしれません。