抗糖化でいきいきエイジレスライフを謳歌しよう

HOME » 抗糖化のサポート成分カタログ » セイヨウサンザシ/ブドウ葉

セイヨウサンザシ/ブドウ葉

このページでは、抗糖化サポートが期待できる天然成分として、ローマンカミツレとドクダミを紹介します。

サンザシが発揮する抗糖化の効能とは

セイヨウサンザシイメージ画像セイヨウサンザシの実には抗糖化の効用があると言われています。

サンザシはバラ科で、トゲのある植物。中国では古来から漢方薬として、サンザシの実を乾燥させたものが、消化管系の治療に使われています。ヨーロッパでも中世から、葉と花が心臓の薬として愛用されており、強心薬としても使われてきました。

心臓疾患、高血圧、不整脈など、心臓や循環器系の病気に優れた効果を発揮する生薬として、長い歴史を持つサンザシ。その中でもセイヨウサンザシには、フラボノイド配糖体、オリゴメリックプロシアニンジン、トリメチルアミン、縮合タンニン、ビタミンB1、B2、Cなど豊富な栄養素が含まれており、その実には優れた抗糖化作用があることが分かっています。

糖化にも酸化にも作用が期待できるブドウ葉

光合成によって生成されるポリフェノールを、たっぷり含むブドウ葉。

ブドウ葉イメージ画像ヨーロッパのワイン農家では、血液循環を高める機能があるブドウ葉を、ハーブティに用いているそうです。

ポリフェノールは体の“サビ”と呼ばれる活性酸素を防ぐ抗酸化作用が知られていますが、酸化は糖化の促進にもつながります。そのため、抗酸化力に優れたポリフェノールを体に積極的に取り入れることで、糖化の進行を遅らせる効果が期待できます。

セイヨウサンザシ/ブドウ葉が入ったおすすめサプリメントはこちら>>